【結果】フロイド・メイウェザー vs ローガン・ポール エキシビション

6月6日(日本時間7日)に米マイアミのハードロック・スタジアムで行われたボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザーJr.(44)と人気YouTuberローガン・ポール(26)のエキシビションマッチ。終始メイウェザーがコントロールするも、ポールの徹底したクリンチにより決定打は生まれず、全8ラウンドを終えた。本マッチは判定なしのため、勝敗はつかない。

今回身長で15cm、リーチで10cm、当日の体重で20kg程度上回る相手と向かい合ったメイウェザーだが、ポールが繰り出すパンチを交わし続けて有効打を当てさせることはなかった。時折左フックや右ストレートをポールの顔面にヒットさせるも最後までダウンを奪うことはできなかった。

試合後のインタビューでメイウェザーは「私はもう21歳じゃない。若い人とスキルを発揮して戦えて楽しかった」「彼は大きくて体重も重いしタフな相手、驚かせられた。」「楽しかった。ファンの皆さん、会場の皆さん、PPVを買ってくれた皆さん、ありがとう。素晴らしいファイトナイトだった」と感想を伝えた。また今後のエキシビションマッチへの意欲については「ヘビー級とやってももいい。彼(ポール)には経験がなかったが体重を有利に活かして戦おうとしていたから楽しかった」と語った。

一方のポールは「何かが不可能だなんて誰も俺に言うことはできない。世界最高のボクサーにここまでやったんだ。何が不可能なものか、やればできるんだ。フロイド・メイウェザーと同じリングに立てて本当に光栄だ。人生における最高の瞬間だ」と喜びを現した。

試合については「彼の動きを読むことなんてできない。彼はこのスポーツを偉大にした史上最高のボクサーの一人だ。戦い抜くことができて最高の夜だ」と話した。

エキシビションマッチ後の記者会見
  1. この記事へのコメントはありません。