打倒井上尚弥に向けてダスマリナスに強力な助っ人

6月19日に米ラスベガスヴァージンホテルで開催が予定されているボクシングのWBA・IBFバンタム級統一王者・井上尚弥(20勝無敗17KO)とIBF指名挑戦者マイケル・ダスマリナス(フィリピン・30勝2敗1分20KO)のタイトルマッチ。この試合のダスマリナス陣営にスパーリングパートナーとして加わったのは、井上と豊富なスパーリング経験があり現在WBOスーパーフライ級12位にランクするフィリピンのケビン・ジェイク・カタラハ(12勝無敗10KO)だ。フィリピンメディアのサンスターセブが報じている。

現在25歳のカタラハはフィリピンのラ・ウニオン州で行われるダスマリナスのトレーニングキャンプに5月2日から参加し、3週間スパーリングパートナーを務める模様。

「このような大きな試合のためのスパーリングパートナーに選ばれたことは、自分の技術を向上させるためにとてつもなく大きな機会だ」とカタラハは喜びの気持ちを表している。

カタラハはこれまで、2018年のファン・カルロス・パヤノ戦、2019年のエマヌエル・ロドリゲス戦、そして2020年のジョンリエル・カシメロ戦(試合はキャンセル)に向けたタイミングで井上陣営からスパーリングパートナーとして招聘されている。過去に3度井上のスパーリングパートナーとして来日した経験のあるカタラハの参加は、ダスマリナスにとって非常に心強いだろう。

「自分が感じた井上の弱点を教えることで、ダスマリナスを助けることができるだろう。それを戦いでどう使うかは彼次第だ」と語る。

2020年の来日の際は当時の報道によると、井上尚弥とのスパーリングで鼻血を出し、体中が痛む状態となり、その強烈なパワーに圧倒されたというカタラハ。果たして彼の助言を受けてダスマリナス陣営がどのような「モンスター」対策を講じてくるのか、今から楽しみで仕方がない。

KJ・カタラハと4階級制覇王者ドニー・ニエテスのスパーリング映像
ASPトレーナースクール入会
ライザップ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。